福祉の仕事

福祉の資格

福祉の資格については、国家資格と公的資格、民間の認定資格とがあります。専門機関で一定期間受講すれば取れる資格から、専門機関で学んだ後試験に合格する必要のある資格まで、難易度はさまざまです。今後ますます加速する高齢化社会に向けて福祉関係の資格を得ておけば、有利な条件で働くことができると予想されます。国家資格であれば、1度取得すれば一生役立てることができるため、ぜひ福祉の仕事を考えるうえでも資格を取得しておくことをおすすめします。 資格を得るための手段としては専門の教育機関の他に、通信教育などが利用できます。通信講座などの他、福祉系の大学などでは、通信教育を実施しているところもあります。 福祉の仕事は、専門的な知識や技術が必要とされる場面が多いため、就職にあたっては、その知識を得た証である資格が有利に働くことがあります。介護施設、特に老人介護の現場では資格がなくても問題なく働けることもありますが、やはり持っていた方が何かの折に役立つことは確かです。例えば、福祉施設の事務仕事だったとしても、専門知識があり必要なケアが何かを分かっているのといないのとでは仕事の理解度に大きな差が生じる可能性もあります。 医療に関係する仕事では、資格がないと就けない仕事もたくさんあります。福祉と医療、介護は密接な関係にあるため、それぞれの知識を持っていることで仕事に役立てることができます。