福祉の仕事

福祉の学校

福祉について学べる教育機関として、福祉系の4年制大学、短期大学、専門学校などがあります。きたる高齢化社会に向け社会福祉の果たす役割は大きくなると考えられており、福祉に関係する仕事は増えていくことが予想されています。そのため福祉について学べる学校は数多く存在し、通信教育などで福祉を学ぶことも可能です。 福祉の資格の中には専門の教育機関で教育を受けた者でなければ受験できないものもあるため、将来的に福祉の仕事に就くことを希望している場合は、大学選びから慎重になる必要があります。まずは福祉にはどんな仕事があり、その仕事に就くために必要な資格は何かを知ることが大事です。必要な資格が分かったら、その資格を受験できる学部や学科などを調べそのカリキュラムが用意された大学へ進学する必要があります。どの教育機関で修学し、履修したかによって受験要項が変わる場合もあるので、進学先は慎重に選んでください。例えば、栄養士の資格を得るには厚生労働省が指定認可した栄養士の養成施設で履修することが条件ですが、4年制大学、短大、専門学校それぞれに指定認可校が存在します。専門学校では栄養士の資格の他にも食にまつわる資格が学べるといった利点があり、4年制大学ではより深い知識を身につけられるという利点があります。それぞれの特色を考慮して進路を選んでください。