福祉の仕事

児童福祉

児童福祉は、18歳未満の児童に対して行われる福祉活動です。障害児や孤児、母子家庭への援助をはじめ、児童をとりまく社会環境の整備、児童虐待への対応などが含まれます。また、深刻化する少子化への対策として児童手当や子供手当、出産一時金などが支給されていますが、これも児童福祉の一環です。 児童福祉施設には、保育所、認定こども園、児童養護施設、児童館、児童自立支援施設などがあります。保育所は、両親が就労しているなど何らかの事情で家庭での保育が難しい乳幼児を預かる施設です。地域によって保育所の数に偏りがあり、保育所に入所できない待機児童の存在が問題となっています。その問題を解消するために、厚生労働省と文部科学省が一体となって推進しているのが認定こども園です。認定こども園は、都道府県知事から認定を受けた幼稚園や保育所です。児童養護施設は、保護者のいない児童や保護者から虐待を受けている児童などが入所する施設です。子供達の生活だけでなく、精神的なケアも必要とされています。児童館は、子供達に健全な遊び場と遊びを提供し、情操教育などに役立てる遊園のことです。児童館によっては、小学校低学年の児童を放課後預かる学童保育も行っています。児童自立支援施設は自身に問題を抱える児童を入所させ、指導し自立を支援する施設です。 この他、身体障害児や知的障害児などの教育や自立を支援する施設などがあります。