福祉の仕事

福祉の問題

日本の福祉、主に介護福祉における大きな問題点は2つ。人材不足と資金不足です。人材に関していえば、ホームヘルパーなどの介護に関係する資格を取る人は増加しています。しかし、資格を有していても介護の仕事に就かない人、介護の仕事に就いても離職してしまう人が多いのです。その理由は、仕事内容に対して不当な程に賃金が安いことです。そのため、日本の福祉の問題は資金不足の1つだけといってもよいかもしれません。また、規制緩和により民間業者が参入したことで、意図とは逆にサービスの質の低下をまねく結果になってしまいました。介護の仕事は、賃金が安く厳しい労働環境にあるということが誇張して喧伝され、介護の仕事を忌避する人が増えてしまったのも人材不足をまねく一因となっています。 介護保険制度が制定されたのは2000年です。介護を必要とする高齢者の人数と、労働者、国庫の負担金のバランスが崩れ、そのしわ寄せが福祉施設で働く職員や、利用者への負担増というかたちであらわれています。介護者の賃金が適正になるよう国から助成金などが出ましたが、あまり効果があったとはいえません。 社会福祉の問題は、それ一つをとって解決できる種類のものではなく、その他の事象と深く関係しています。少子化の解決、長引く不況の解消などとともに検討されるべき課題といえます。