福祉の仕事

老人福祉

これからの日本で、重要になってくるのが老人福祉です。昭和38年に制定された老人福祉法は、社会福祉六法の1つで、高齢者の心身の健康の保持、生活の安定を実現することを目的としています。制定当時の人口における高齢者の比率と現在の比率とが著しく異なるため、その後老人保健法、介護保険法などが制定されました。 高齢者向けの福祉サービスとしては、自宅に訪問して介護の手助けをしてくれる訪問介護サービス、自宅から通って入浴や食事、リハビリなどが受けられる福祉センターなどの施設、入居して生活が送れる老人ホームなどがあります。いずれも公的機関、民間団体などが運営しており、民間団体を利用した場合にはサービスの内容に応じて料金が発生します。公的サービスもすべて無料というわけではありません。公的サービスは要介護認定によって定められた点数があり、それに準じたサービスを受けることができるシステムになっています。 高齢者福祉や高齢者介護の現場では、そこで働く人々の低賃金が問題とされていますが、是正されるのは難しい状況が続いています。また、介護施設職員による老人虐待などの問題も指摘されています。今後ますます増えていく高齢者に対して公的な支援がどこまでできるのか、問題は山積している分野といえます。