福祉の仕事

福祉医療機構

福祉医療機構は、厚生労働省所轄の独立行政法人です。社会福祉事業振興会と医療金融公庫が合併して設立されました。独立行政法人を簡単に説明すると、国民生活や社会経済の安定のためには必要とされる事業だが、国が主体になって行う必要のない事業、を行う法人です。上記に加え、民間企業が行った場合は利益があがらないことで中断されたら困る事業であり、一つの団体が独占的に管理することが効率的で効果的だと考えられる事業、でもあります。福祉医療機構では、福祉施設や医療施設を中心にその他公共性・公益性があると思われる事業に資金の貸付などを行っています。 少子高齢化が急激に進むなかで、一人ひとりが安心して暮らせる社会の実現のために医療施設や社会福祉施設を充実させる必要があります。福祉医療機構では、社会福祉事業所や、医療機関の設置等に必要な資金の融通を行います。また、施設の安定経営をバックアップする経営診断や経営指導なども行います。社会福祉振興のための事業には助成金の用意もしています。社会福祉施設職員のための退職手当共済事業、心身障害者不要保健事業、福祉保健医療情報の提供、年金受給者の生活支援のための資金融資、教育資金貸付のあっせん業務など社会福祉や医療福祉に関わる幅広い事業を展開しています。