福祉の仕事

保育士

国家資格の一つです。取得するには大学、短大、専門学校などの教育機関で保育士養成課程を修学して卒業するか、保育士養成施設を卒業する必要があります。または、各都道府県が実施する保育士試験に合格する必要があります。受験資格は高卒以上の者に限られます。 保育士は、児童福祉施設(保育所、児童館、児童養護施設など)で児童の保育を行います。代表的な職場はやはり保育所です。一般的な保育所では、0歳から就学前の児童を預かり、その世話を行っています。食事や昼寝、排泄などの基本的な生活習慣を身につけさせること、集団生活を円滑にする社会性を身につけさせることが求められています。また、保護者に対しては保育についてのアドバイスなどを行う場合もあります。児童館では、児童に遊びやレクリエーションを通じて社会的なルールなども指導します。児童養護施設では、児童の親代わりとなって生活全般の世話を行い、社会的な自立に向けての支援、教育、躾などにも関わります。また障害児などの福祉施設でも保育士の資格が求められています。 保育の仕事を行うためには保育士の資格が必要となります。女性に人気の高い資格ですが、近年では男性が取得するケースも増えています。保育所の待機児童の問題とともに保育士の不足も指摘されています。