福祉の仕事

臨床心理士

文部科学省認可の財団法人 日本臨床心理士資格認定協会の認定資格で、同協会が実施する試験に合格することで取得できます。試験を受けるためには同協会の指定大学院で臨床心理学か、それに準ずる分野の修士課程を修了していることが基本条件で、心理臨床経験が求められるなど、大変高度な資格です。 マークシートと論文筆記が行われる一次試験、後述面接の二次試験があります。一次試験合格者のみが二次試験へと進むことができます。臨床心理士は、満5年ごとに資格更新が義務付けられています。満5年以内に、研修などに参加・発表を行い所定のポイントを取得することで資格が更新できるシステムになっています。 臨床心理士は、心の悩みや精神疾患などの解決・予防・研究を行います。精神的健康の保持や教育などに貢献する心理専門職です。教育分野では、スクールカウンセラーやスクールアドバイザーとして児童や生徒の相談、発達面や生活面などの問題に対して心理的な支援を行います。医療・保健の分野では、精神科医・心療内科医などと連携し、精神疾患や心の問題などを改善・解決します。福祉の分野では、児童相談所や高齢者福祉施設、障害者福祉センターなどで、心理的な面からのケアを行います。また、大震災をはじめとするさまざまな自然災害被害者や、犯罪被害者などの心のケアなどを行い、心理的外傷の解消を助けます。