福祉の仕事

視能訓練士

医療に関係する国家資格です。資格取得には、視能訓練士国家試験に合格する必要があります。試験を受けるためには、大学・短大で指定科目を履修して卒業後に養成所で1年以上学ぶか、もしくは看護学校・保育士養成学校で指定科目を履修して卒業後に養成所で3年以上学ぶことが必要です。高校を卒業後に養成所で3年以上履修しても受験資格を得られます。合格率は約9割で非常に高くなっていますが、受験資格を得るのが大変な資格ともいえます。 視能訓練士は、眼科医の指示の下で視覚に障害のある人に対するケアや検査などを行います。医療系の資格としてとらえられてきましたが、加齢によって視力が低下する高齢者が増えるにつれ、高齢者福祉の面からも必要とされはじめている資格です。検査業務としては、視力検査・眼底カメラ撮影・超音波検査など専門的な知識と技術が必要とされるさまざまな検査を行います。訓練業務としては斜視や弱視などの視能障害に対し、医師と相談のうえで矯正訓練などを行います。また、眼鏡やコンタクトレンズをつくる際に必要な処方箋を書くのも視能訓練士が行います。 有資格者は女性が多いのが特徴です。視能訓練士は病院やリハビリセンターなどの医療機関で活躍しています。