福祉の仕事

理学療法士

医療に関係する国家資格で、取得するためには国家試験に合格する必要があります。試験は大学院、大学、短大、専門学校などで専門の課程を履修して卒業した者、専門の養成機関で3年以上学んだ者が受けられます。合格率は9割程度といわれています。 理学療法士は、医療やスポーツ医療、リハビリテーションなどに深く関わる仕事です。病気や怪我、加齢などによって身体機能になんらかの障害が生じた人に対して、理学療法を行える資格です。日常生活を支障なくおくれるようになるために身体障害の影響を軽減し、また身体機能の低下を予防することが求められます。最終的には日常生活をおくれるよう自立を促します。理学療法士は、医師の診断のもと、理学療法を行います。理学療法には、体操などで身体の機能を回復させる運動療法と電気刺激、温熱、光線、マッサージなどの物理的な刺激を与える物理療法、動作訓練があります。身体能力に障害が残った時には、日常生活をおくるための指導や福祉用具の選定などのアドバイスを行うこともあります。また、近年では生活習慣病の予防なども理学療法として考えられています。 理学療法士が活躍できる場としては、病院やリハビリセンター、障害者福祉施設、障害者更生施設、老人ホーム、老人福祉施設などがあります。