福祉の仕事

社会福祉士

国家資格で、財団法人 社会福祉振興・試験センターが実施する試験に合格する必要があります。合格率は3割程度といわれています。この試験を受けるためには、福祉系大学(4年制)、大学院で指定科目を履修して卒業すること、もしくは福祉系短大(2年制/3年制)で指定科目を履修して卒業し指定施設において業務に従事(2年/1年)することが必要です。一般大学を卒業した後に、社会福祉士一般養成施設(1年制以上)を卒業することでも受験資格が得られます。 社会福祉士は、障害者や高齢者など支援が必要な人を総合的にバックアップするソーシャルワーカーや経済的に困窮している人をケアするケースワーカーなどの仕事に従事します。児童福祉施設などでは、児童福祉についての知識も求められます。就労する施設によって仕事の内容は変わってきますが、いずれも福祉についての全般的・総合的な専門知識が必要とされることになります。支援を必要とする人の福祉に関する相談にのり、必要に応じて助言や指導、関係施設との調整や、公的サービスの手続きなどを行います。 現在のところ医師や弁護士のように、社会福祉士でなければ就けない職業というものは存在しません。しかしいずれの職でも、やはり資格を持っていた方が評価は高いようです。